大会長挨拶

第76回日本温泉気候物理医学会学術集会の開催にあたって

会長 川平 和美

鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科
リハビリテーション医学 教授

 第76回日本温泉気候物理医学会学術集会を霧島温泉郷で開催できることを大変名誉に感じるとともに会長を務める重責に身の引き締まる思いです。
 本学会のメインテーマは「マルチフオーカスに究め活かす」と致しました。温泉ならびに気候、物理療法は医療の手段として長年用いられ、近年のその作用機序の解明と新たな応用も拡大しつつあります。これらの効果を多面的に、かつ臨床から分子生物学的なレベルまで多層的に検討し、それらの成果を広く活かすことを目指したものです。
 このような観点から、温泉、温熱、気候に加えて、振動刺激や磁気刺激、食欲・体重調節ーレプチン・グレリンシグナルを取り上げ、会長講演ではリハビリテーション医学・医療に於ける新しい物理療法の試みを報告いたします。
 新緑の霧島山を一望できる学会場に多くの方にお越し頂き、活発な質疑で充実した学術集会にして頂きたいと切に願っています。

会場案内

みやまコンセール

みやまコンセール
霧島国際音楽ホール

〒899-6603
鹿児島県霧島市牧園町高千穂
3311-29

TEL:0995-78-8000

シャトルバス運行のご案内